CONCEPT
CONCEPT
キーワードは『1/365+364/365』
1日の大会を1年の地域活性に活かし、自転車で地域を元気にします。

自転車競技イベントを活用した新しい地域振興を推進し、スポーツ交流人口の拡大、および選手や関係者を通じた地域間交流のネットワーク化とその拡大を目指します。高梁市では2011年から開催しており、途中3度の中止がありましたが、今年で10回目を迎えます。本コースは、ヒルクライムレースとしては斜度が緩やかで、初心者・子どもから安心して参加できる大会です。コースは川沿いで農山村の景色を楽しみながら走り、最終ゴールには全国的にも有名な重要伝統的建造物群保存地区である吹屋の町並みを目指すというもので、他では味わえない特別なものとなっています。西日本最大級の自転車競技であります。
CONCEPT

ENTRY

5/17受付開始

5/17受付開始

5/17受付開始

5/17受付開始

Course Guide

パレードラン11.5km

フルコース15.0km

ショートコース10.0km

標高差398m

平均斜度2.6%

コース紹介を見る

Sponsored

supported by ハレいろ・サイクリング OKAYAMA
ガラスの鎧
WILIER
ビザビ
中村建設株式会社

NEWS & TOPICS

NEWS一覧はこちら
ヒルクライムチャレンジシリーズ2022 第10回高梁吹屋ふるさと村大会 開催決定!

2022.5.17
ヒルクライムチャレンジシリーズ2022 第10回高梁吹屋ふるさと村大会 開催決定!

本日、午後12:00よりエントリースタートします。コロナ禍において2年連続の延期となっておりました本大会ですが、今年の大会は、メイン会場を5年ぶりに(株)山陽オカムラグラウンドに戻して開催します。それに伴い、11.5kmのパレードコースも復活!また、岡山県においてタンデム自転車(2人乗り)の公道走行が解禁となったことを記念して、ショートコースにタンデム区分のクラスを新設しています!大会参加にあたっては、「新型コロナウイルス感染症対策について」をご覧になり、同意した上で、エントリーをお願いします。

公式サポート店募集

詳しくは下記をクリック

登録について

  • 「公式サポート店」登録について

登録申込書

  • 登録申込書をダウンロード

団体割引申込用紙

  • パスワードが必要です

ヒルどら

高梁市のヒルクライムをテーマにしたPRドラマ「ヒルどら!」

【ヒルどら2 第1話】

【ヒルどら2 第2話】

【ヒルどら2 第3話】

【ヒルどら 1~5話】